コピーライターの裏ポケット

こちらのブログは
「コピーライターの左ポケット」の
原稿と音声のアーカイブです




2013年11月10日

細川美和子 2013年11月10日放送

hosokawa1311.jpg

「反対側へ」
                   
        細川美和子

飛行機が離陸してしばらくたつと、
CAがおしぼりを配り始めた。
それをうけとった隣の男が手だけじゃなく
ケータイをふきはじめたので
キレイ好きな男だな、と思ったのだが、
次はテーブルや窓わくやひじかけまでふきはじめて
最後には自分の靴までふいているので
なにがなんだかわからなくなった。
ひとつわかったのは、これからは配られるおしぼりで
顔をふくのはやめたほうがいい、ということだった。

でも考えてみるとこうやって飛行機に乗り、
ケータイでどこでも連絡がとれ、
ネットでいつでも情報が検索できるようになって、
人間は膨大に自由な時間を手に入れ
隣人への思いやりに目覚め
愛と余裕にあふれた生活を送れるかと思ったら、
実際の仕事の納期はますます短くなり、
いつも締め切りに追われ、
家族とすらろくに話す時間もない。

どんだけ、当初の目的を見失いがちなんだ、人間は。
がんばればがんばるほど、逆の方向に進んでいく。
だとしたらもう、なにもしないほがいちばんなんじゃないか。
瞑想に入ったまま何十年も動かないという
インドの聖者たちの話を思い出した。
彼らは世界の本質を見抜いているんだ。

出家したい。
もう出家するしかない。
この仕事だけは、はやいところ終わらせて、
なぜならおれは責任感がある大人の男だから、
ただし、帰ったら誰にひきとめられても辞表を出そう。
そう思って猛烈にパソコンを打っていたらCAが
「お仕事大変ですね」と声をかけてきた。
ちょっと檀れいに似ている。
「なんのお仕事をされているんですか?」
そうふみこんだ質問をされて、
わたしははにかみながら、
自分の所属する某一流企業の名前を口に出していた。
そして飛行機をおりるころには、
名刺にケータイ番号を書いて渡していた。
まだしばらく、仕事はやめれそうにない。


出演者情報:柴草玲 http://shibakusa.kokage.cc/
タグ:細川美和子
posted by 裏ポケット at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 細川美和子 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。