コピーライターの裏ポケット

こちらのブログは
「コピーライターの左ポケット」の
原稿と音声のアーカイブです




2011年10月09日

佐藤延夫 2011年10月9日放送

sato.jpg

「ケセランパサラン」                    

           佐藤延夫

ケセランパサランは、謎の物体である。
生き物なのかもしれない。
毛玉みたいにふわふわしていて、
桐の箱に入れておしろいをあげると成長する。
言い伝えによれば、
持ち主に幸せを運んでくるらしい。
なぜ僕がそんなことを知っているかというと、
隣の席のユウコさんが教えてくれたからだ。

それは去年のある日、会社のエントランスに落ちていた。
正確に言うと、風に吹かれて転がっていた。
僕はあんまりモノを拾ったりしないんだけど、
反射的にそれを指でつまみ、ポケットではなく
着ていたパーカーのフードに入れた。
遅刻しそうで焦っていたから、
妙な行動に走ったのかもしれない。

デスクに座り、その物体を机の上にそっと置くと
隣の席のユウコさんが、ケセランパサランだと言った。
ユウコさんの嬉しそうな顔を、僕はじっと見ていた。
僕より7つも年上だけど、
そのときのユウコさんは同い年くらいの女の子に見えた。

ケセランパサランは、幸せを運ぶ。
その言い伝えどおりに、僕には、いくつかのいいことがあった。
なくした手帳が出てきたり、
ミニロトで4等が当たったりした。
もちろん悪いこともあった。
虫歯がずきずきと痛んだり、
突然パソコンが再起不能になったりした。
悪いことのほうがややリードしている気がするけど、
ケセランパサランには、
その悪いことをぜんぶ覆い尽くすほどの力があったように思える。

僕はケセランパサランの力を借りて、ユウコさんに告白をした。
「ありがとう。でも・・・」
そう言われて僕は咄嗟に、ケセランパサランを右の耳に突っ込んだ。
なんだか耳掻きの反対側についてる毛玉みたいにこそばゆくて、
こんな状況なのに少し笑ってしまった。
これがケセランパサランの効き目なのかもしれない。

しばらくしてユウコさんは違う部署に異動することになり、
あのときの気まずさは少し消えた。
心なしか小さくなったケセランパサランは、まだ机の上にいる。
僕は最初からそれを、アザミの綿毛だと知っていたけれど。



出演者情報:柴草玲 http://shibakusa.kokage.cc/


タグ:佐藤延夫
【佐藤延夫の最新記事】
posted by 裏ポケット at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 佐藤延夫 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック