コピーライターの裏ポケット

こちらのブログは
「コピーライターの左ポケット」の
原稿と音声のアーカイブです




2013年09月22日

勝浦雅彦 2013年9月22日放送

katsuura.jpg


最終回

         勝浦雅彦

はい、今週のヘビロテ、三連発でした。

さあ〜て、いよいよお別れのときが来ちゃいました。
足かけ10年かあ。毎週日曜日、夜の22時から30分、
一度もお休みすることなくこの番組を続けてこられたのも、
ラジオの前のみんなと愛すべきスタッフのおかげかな。
ホント感謝です。

この番組がはじまった頃は、まだ小娘だった私も、
今では「サキ姉」なんて呼ばれて堂々としたアラサーになりました。
でも気持ちは乙女そのもの…ちょっと鈴木D、今笑ったでしょ?
覚えておきなさいっ。
まあ、あなたとの長い付き合いに免じて焼肉一回で手を打つわ。

いけない、残り時間もわずかなのに、ムダ話に使っちゃった。

さて、今から最後のお便りを読もうと思います。
毎週たくさんのお便り、ほんとサンキューね。
恋バナからマジな人生相談まで、私なりに、みんなと一緒に、
悩んだり、考えたり、励まし合ってきたつもり。
最後も、精いっぱい気持ちを込めて読みます。

では。

サキ姉 こんばんは。
この番組が終わると知って、とても寂しく思っています。
私はずっとサキ姉のラジオを聞いてきました。ずっと、ずっとです。
だから、サキ姉の声の微妙なトーンで、何かいいことがあったな、とか、
落ち込んでいるな、とかが大体わかるようになりました。
私がある事に気づいたのは、2年前ぐらいからです。
番組でラブソングが流れた後の、サキ姉の声のトーンが、
それまでとはまるで違うことに気づきました。
それは他の誰かからすれば、あまりに細かな違いかもしれないけれど、
私にははっきりとわかったんです。
サキ姉、あなたは恋をしていますね。
それだけではない、この半年で、サキ姉の声が少しかすれ始めました。
最初は、疲れているのだな、と思いました。
でも、私は思い出したんです、女性は、ホルモンのバランスに変化が出ると
声が変わってしまう事がある…。
私はようやくすべてを理解しました。
なぜこの番組が終らなくてはいけないのか。
ホルモンの変化、それが目に見えて起きるとき。
おめでとう!サキ姉と、新しい命に。

…みんな、ありがとう。
私はラジオの前のみんなと誰一人として会ったことはないけれど、
こうしてブースの窓から街を見ると、
遠くの光の向こうに、みんなの息づかいを感じます。

私はこれからしばらくの間、ゴシップ大好き、下ネタOK、
ガハハと笑うみんなのサキ姉から、一人の女の子に戻ります。

あ、鈴木Dがまた笑った。女の子って年かよって顔してる。
相変わらず女心のわからんやつよ。
でも、鈴木Dをこう呼ぶのも今日で最後。
こんどからはそうねえ、「あなた」って呼ぶのかしら。
おえっ気持ちワルっ。
まあ、いいわ、三人で楽しくやれるといいけどねえ。

時間が来ちゃった。最後にひと言だけいわせてください。

おまえら、最高だよっ!


出演者情報:柴草玲 http://shibakusa.kokage.cc/




タグ:勝浦雅彦
posted by 裏ポケット at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勝浦雅彦 | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。